ツボで即効温め♪寒い冬の体を助けるツボ5選!

女性に多いお悩み

みなさんこんばんは。

ほっと鍼灸接骨院の鈴木です!

 

美と健康のためにルイボスティーを飲み始めて約1ヵ月…

ほぼ毎日最低コップ2杯は飲んでます。

以前より手足の冷えが気にならなくなった気が(*´з`)

肌の調子も!

ルイボスティーおすすめです♪

 

前回お灸について解説しましたが、見てくれましたか?

せっかく学んだのに使わないのはもったいない!

 

なので…

今回はこれからの季節に最適な

『冷え症』

に効果的なツボをご紹介していきます!

 

ツボを刺激して血流を改善しよう!!

冷え性の主な原因は血流の悪さです。

他にも理由は色々ありますが、ほとんどの方が血流の悪さです!

特に冷え性がひどい方は根本的な改善が必要かもしれません…

こちらの記事もあわせてご覧ください。

 

というわけで、血流が悪い方はこれからの寒い冬をどうにかして乗り越えなければなりません…

 

そこで!

血流を促進し冷えを緩和してくれるツボをご紹介(^^♪

 

ツボをご紹介する上で、ひとつお伝えしておきますが…

本当はお灸などを使用してツボを刺激してもらうのが一番効果的です!

ですが、中にはお灸が使えない方もいます。

ですので、指圧でツボを刺激するやり方もお伝えします(^^)/

 

【ツボの押し方】

ツボを押す際は5秒くらい少し痛みを感じる程度の力で押します。

気持ち良く感じる程度でもOKです!

指を離して3秒くらいおいてから再度押しましょう!

 

カンタンですよね!!

お灸などが無い方、お灸を使える環境にない方はこんな感じでツボを刺激して下さい!

 

血海(けっかい)

こちらのツボは名前の通り『血』に関係するツボです。

 

『血』は血液のこと。

『海』とは「水が集まる」「水を引き戻す」などという意味があります。

 

なので血海は足先に流れた血液を引き戻す働きを強めてくれるツボです!

 

【ツボの取り方】

膝のお皿(内側)から指3本分ほど上に上がった部分。

その部分に指を当てたまま膝を伸ばしてみて下さい。

へこむ部分があると思うので、その周囲を軽く押して痛いとこがツボです!

ツボ・ 血海(けっかい)|せんねん灸公式
動画協力:せんねん灸公式youtube

  

 

太衝(たいしょう)

太衝はツボの中でもとても重要なツボです。

『太』は「太く、豊か」という意味があります。

『衝』には大きな路、気の流れにとって重要な場所という意味があります。

太衝は気の流れに重要なツボだという事がわかりますね!!

 

ちなみに、太衝の近くには足背動脈という大事な血管もあります。

気の流れだけではなく、足元の血流にも重要な部分ということですね(;゚Д゚)

 

太衝は『ストレス緩和』のツボといして有名です。

ストレスが溜まると交感神経と呼ばれる自律神経が優位になります。

交感神経が優位になると血管が収縮し血液の流れを抑制してしまうのです…

 

結果、冷えにつながりますΣ(゚Д゚)

 

【ツボの取り方】

ツボは足の甲側にあります。

親指と人差し指の間から、足首の方へ指を滑らせてみて下さい。

2本の骨が途中で近づいているため、指が骨に当たって止まります。

そこにへこみ部分があると思うので、押してみて下さい。

痛みを感じれば正解です!

ツボ ・太衝(たいしょう)|せんねん灸公式
動画協力:せんねん灸公式youtube

  

三陰交(さんいんこう)

三陰交は

『足の少陰腎経』『足の太陰脾経』『足の厥陰肝経』

この3つの経絡が集まっているツボです。

って言ってもメチャメチャ難しいですよね(笑)

私も突然これを見せられた読み方もわからないでしょう…

 

とにかく三陰交を刺激すれば、3つの経絡の効果が一気に得られる!

とってもお得なツボということを覚えておいてください♪

 

こんなことに効果的ってのを簡単にお伝えします!

 

『足の少陰腎経』

足底、下肢内側の知覚・運動障害、泌尿器系・生殖器系、内分泌系、婦人科の疾患

  

『足の太陰脾経』

下肢内側の知覚・運動障害、消化器系、栄養吸収不良や慢性疲労の改善、婦人科の疾患

 

『足の厥陰(けついん)肝経』

足背、下肢の知覚・運動障害、生殖器系、婦人科の疾患

 

こんな感じです。

婦人科系疾患が3つ全てに入っていますね!

そうです!

この三陰交というツボは女性にとても重要なツボなんです(^_-)-☆

 

女性特有の症状

生理・妊娠・出産・更年期など

ホルモンバランスの変化によって引き起こさせる不調に有効です。

特に生理痛、生理不順、不妊や逆子などの治療によく用いられます。

 

もともと三陰交は血の病気に効果的と言われています。

貧血や血液の流れが悪いときにも使われるツボです!

ということは『冷え』などにももってこいなツボです。

 

【ツボの取り方】

三陰交はふくらはぎの内側にあります。

内くるぶしの頂点から指4本分上にあります。

くるぶしに小指を当てたら人差し指の高さにあります! 

 

骨の際にツボがありますので、骨に向かって押してみましょう。

痛みがでやすいツボになるので、悪い方はすぐに見つかると思います!

ツボ・三陰交(さんいんこう)|せんねん灸公式
動画協力:せんねん灸公式youtube

 

湧泉(ゆうせん)

みなさんは「浪越徳次郎先生」という方をご存知ですか?

『指圧』という言葉を言い始めた方です!

そんな先生が

「指圧の心は母心、押せば命の泉湧く」

と明言を残しております!!

これが『湧泉』です(^_-)-☆ 

  

簡単に訳すと「押せば元気になるよ」ってことです!

 

『湧泉』は字のごとく、人間が生きるための生命力が泉のように湧き出るという意味があります。

疲れやだるさを解消したり、腰から下半身にかけての冷えなどにも効果的です!

 

【ツボの取り方】

足でグーをした際に、足裏で一番へこんでいる部分が湧泉です。

ツボ・湧泉(ゆうせん)|せんねん灸公式 「とっておき13のツボ 」
動画協力:せんねん灸公式youtube

 

太谿(たいけい)

下半身の冷えをとるなら太谿ははずせません!

 

太谿の『太』は太い、大きなという意味。

『谿』には渓谷や渓流といった意味があります。

太谿は、足裏の湧泉から湧き出たエネルギーが渓流となり流れ込むという大事なツボです。

 

湧泉を刺激してエネルギーをいっぱい湧かせて、太谿でしっかりと流していく。

『湧泉』と『太谿』はぜひセットで刺激して下さい(*´▽`*)

 

【ツボの取り方】

足の内くるぶしとアキレス腱との間にあります。

触るとへこんでいる部分があり、触ると脈拍を感じるので、そこが太谿です。

ツボ・太渓 (たいけい)|せんねん灸公式
動画協力:せんねん灸公式youtube

 

ツボと生活習慣の見直しで冷え退治!

5つのツボをご紹介してきました。

冷え性にお悩みの方はぜひ押してみて下さい! 

 

前回の記事でもお話ししましたが、

ツボは気や血流の滞っている部分に反応が現れます。

押して痛かったり痛くなかったりするのはそのためです。

しっかり反応が出ているツボかどうかを見極めて刺激してあげることがとっても大事です!

 

また、ツボに刺激を入れることで気の流れが良くなり体質もある程度改善されていきます。

症状も緩和していくでしょう!

しかし悪い生活習慣のままでは、良くなっても結局また繰り返してしまいます…

運動不足や食生活の乱れ、ストレスを溜め込んでしまうなど、ご自身の原因をしっかり見つけて改善に努めましょう!


当院が気になった方は是非ホームページにも足を運んでください。

スタッフ紹介や治療メニューの紹介もございます!

【ホームページへ進む】


*みなさまへのお願い

記事を読んでくださってありがとうございます。

ご協力いただけるようでしたら、ぜひfacebookやTwitterにシェアを宜しくお願いします!

 

現在、ブログランキングにほっと鍼灸接骨院も参加しています!

多くの方にお悩みを解決する手助けになるよう記事を読んでいただきたいのです。

皆様のお力をお貸しくださいm(_ _)m

お手数ではございますが下の画像をワンクリック!宜しくお願いたします。

健康と医療ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました