ケガをした時にするべき応急処置① ~RICE処置のRest~

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは。

ほっと鍼灸接骨院の鈴木です。

気温変化が激しく起こる時期は体のバランスが崩れやすいので要注意です!

ギックリ腰や寝違えが起こりやすいので、なるべく筋肉が固まらないようにストレッチなどを駆使して予防しましょう(^^)/

今回からは前回紹介した応急処置のRICE処置について順番に説明していきす!

まずはRICER

R=Rest(安静)となります。

安静なんてみなさん言われなくてもわかりますよね!

ケガをした部分に負担をかけないということですね。

ケガをした時はなるべく患部を動かしたり体重をかけたりしないようにすることが大事です!

捻挫や打撲も酷い場合は骨折をしていたり、筋肉や靭帯が切れてしまっていることもあります。

そのような状態で負担をかけてしまうと患部の出血が増し、腫れや痛みが悪化してしまいます。

痛い!!って思ったら負担がかかっている証拠なのでお気をつけて(*^-^*)

治りを早くし後遺症を残さないためにも、ケガをした直後はもちろん、痛みが引くまではできる限り普段の生活でも負担をかけないようにすることが非常に重要です!

RICE処置シリーズの他の記事を見たい方は下記からどうぞ!

2回目の記事

3回目の記事

4回目の記事


当院が気になった方は是非ホームページにも足を運んでください。

スタッフ紹介や治療メニューの紹介もございます!

【ホームページへ進む】


*みなさまへのお願い

ライティング技術向上のため皆様から記事内容の評価をして頂ければと思います。

記事を読んで「タメになったなー!

っと思ってくれた方は下記の画像をクリックして下さい!

クリックしていただくとブログを掲載しているサイトにクリック数が集計されます。

そちらの数でどのような内容が人気なのか、説明は不十分ではなかったなどをみていきたいと思っています。

お手数ではございますが宜しくお願いたします。


健康と医療ランキング

Pocket
LINEで送る

ケガをした時にするべき応急処置① ~RICE処置のRest~” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です