寝ても疲れがとれない89%の人がやっている…スマホのあれが原因だった!!

Pocket
LINEで送る

みなさんこんにちは。

最近寝ても疲れが取れないよ…

なんて声をよく聞きます。

 

睡眠時間はしっかりとれているし、お風呂にもちゃんと入っている。

何が原因なのかわからない…

そんなお悩みありませんか?

 

もしかして、寝る直前まで布団の中でスマホやタブレットをいじってませんか?

寝ながらスマホ

スマホなどから発する刺激は実は睡眠に大きく影響してしまうのです…

 

ブルーライトが眠りの妨げに

みなさんはブルーライトはご存知ですよね?

スマホやパソコンなどの画面から発せられている光のことです。

ブルーライト

 

日中は眼精疲労などのお悩みでよく聞く名前ですよね。

この光が睡眠に大きく影響を与えてしまう有害なものなのです!

 

体には活動するとき、睡眠など休息をするときに体の中で作られるホルモンを使ってONとOFFの切り替えをします。

日中体を活動的にするホルモンが「コルチゾール」といいます。

逆に睡眠などを誘発させるホルモンを「メラトニン」といいます。

 

ブルーライトの刺激はまさにコルチゾールの分泌を促進させる刺激なのです!

睡眠を誘発するメラトニンは分泌が抑制されてしまうので、体は質の高い睡眠がとれなくなってしまうのです…

寝てても体は活動的にされてしまっているという事ですね(T_T)

 

睡眠の質を高めるにはコルチゾールを下げることが大事

寝る時に体の中のコルチゾールを少なくすると、布団に入ってからの眠りがスムーズになります。

大事なことは体内のコルチゾールの濃度を薄くしていく事ですね!

 

ではいったい何をすればコルチゾールを減らせるのか?

 

マッサージやお灸がおすすめ!

一番簡単にできるケアはマッサージです!

マッサージ

研究ではマッサージ後の血中コルチゾールが減少しているという研究報告もされています。

自分でセルフマッサージをするのはなかなか大変な部分もありますが…

まずは手や足裏、ふくらはぎなどを優しくマッサージしてあげましょう!

痛くない程度でOKです、気持ちよく感じるように行っていきましょう(^^)/

 

最近では自宅で使えるハンドマッサージ機も売っているので、

そちらをGETしてみるのもいいかもしれません!

 

体の調子を整えるにはお灸もおすすめです。

お灸

ツボや筋肉のコリに対してお灸を行うと血行が良くなり体がリラックスできます。

 

当院で販売しているお灸は熱さも心地よい温度で、煙も少なく簡単にできるタイプをご用意しております。

ご興味のある方はご相談ください!

 

とにかく、睡眠の質は寝る前の行動でも影響を受けてしまいます。

毎日をスッキリ快適に過ごせるよう、ちょっとした行動を意識してみてはいかがでしょうか?

なにかお困りの症状がございましたらいつでもほっと鍼灸接骨院にご相談ください!

 


当院が気になった方は是非ホームページにも足を運んでください。

スタッフ紹介や治療メニューの紹介もございます!

【ホームページへ進む】


*みなさまへのお願い

記事を読んでくださってありがとうございます。

ご協力いただけるようでしたら、ぜひfacebookやTwitterにシェアを宜しくお願いします!

 

現在、ブログランキングにほっと鍼灸接骨院も参加しています!

多くの方にお悩みを解決する手助けになるよう記事を読んでいただきたいのです。

皆様のお力をお貸しくださいm(_ _)m

お手数ではございますが下の画像をワンクリック!宜しくお願いたします。

健康と医療ランキング

Pocket
LINEで送る

寝ても疲れがとれない89%の人がやっている…スマホのあれが原因だった!!” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です